プロミスの即日融資はすぐ借りれるのか検証する

プロミスは最短30分審査・最短1時間融資を公示するスピード融資の大手カードローン業者です。その即日融資の方法は、

 

 

  • 自動契約機でカード発行してATMで即日融資
  • 振込融資で即日融資

この二つの手段ですぐ借りれる方法を提供してくれています。このプロミスの即日融資方法が、他のカードローンとどの暗い違うのか検証して見ましょう。

自動契約機でカード発行してATMで即日融資ですぐ借りれるかを比較

自動契約機があるということは、即日カード発行する可能性があるということですが、その自動契約機に行けるかどうかは設置台数に委ねられます。全国に約1,700台設置されているプロミスと、全国に約435台設置されているモビットでは、あなたが行ける範囲にあるかどうかはもちろんプロミスの方が可能性が高くなります。

 

しかも仕事中に申込んで、仕事が終わってから自動契約機に向かうとすれば、移動に掛ける事のできる時間は1時間程度です。更に自動契約機でカード発行した後、キャッシングするにはATMに向かわなくてはいけません。モビットの場合は完全にローン申込機(自動契約機)しかなく、自社ATMはありませんのでカード発行した後にさらにATMを探さなくてはいけませんし、ATM手数料も掛かってきます。

その辺を踏まえて自動契約機の設置状況を確認してみるとプロミスが一番すぐ借りれることが判明する
自動契約機設置台数 ATM併設自動契約機 自動契約機名 営業時間
プロミス 約1,700台 約1,694台 自動契約機 09:00〜22:00
アコム 約1,109台 約1,109台 むじんくん 08:00〜22:00
モビット 約435台 なし ローン申込機 08:00〜21:00
アイフル 約911台 約480台 てまいらず 08:00〜22:00

※自動契約機の営業時間は主なもので店舗により異なる場合があります。

振込融資での即日融資すぐ借りれるかの比較

振込融資は大手消費者金融ではそれ程サービスは変わりません。しかし銀行カードローンでは自行の口座しか振込融資できない場合や、そもそも振込融資サービスがない銀行、即日融資すらできない銀行など大手消費者金融には完全にサービスで劣ります。

振込可能時間 振込可能金融機関
プロミス 平日14:00までに契約完了で可能 ほとんどの金融機関可能
アコム 平日14:00までに契約完了で可能 ほとんどの金融機関可能
モビット 平日14:50までに振込手続完了で可能 ほとんどの金融機関可能
アイフル 平日14:00までに契約完了で可能 ほとんどの金融機関可能

モビットは言い回しは違いますが、要するにどこも平日14:00までに契約して14:50までに振込手続きすれ、ば即日振込大丈夫ですよというスタンスです。しかしプロミスには振込に関する秘密兵器があります。それは、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

どちらかの口座であれば登録する事で、24時間365日最短10秒で振込融資可能な瞬フリがあるのです。


これで平日14:00以降の契約や土日祝日の金融機関の休みの日の振込融資の可能性があるのはプロミスだけになりますので、振込融資ですぐ借りれる可能性の高いのはプロミスということになります。

様々なカードローンを比較してすぐに借りれる可能性の高いのはプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

即日融資ですぐ借りるためのポインとは振込融資

即日融資ですぐ借りるためのポイントは振込融資です。これなら自宅に居ながら即日融資を受けることができます。前述のように振込融資ですぐ借りるためには、銀行の営業時間と曜日をしっかり把握しておかなければなりません。

 

 

銀行の営業時間は平日午後3時までです。


審査を受けてから必要書類をアップロードして、ほとんどの審査が完了したところで自動契約機に行き、カードを即日発行してもらう手もありますが自身が店舗に出向く必要があるので今すぐ必要なら振込融資がお勧めです。もちろん振込融資を受けても現金が必要なのであれば、ATMまで出向く必要はありますが、その場合はコンビニなどで引き出せるのでそれほどの労力と時間は要らないでしょう。

 

どちらにしてもWEBで早めに審査を受けておくことが必要なので、まず審査を受けておいてください。振込融資を即日に受けるということは金融機関の営業時間の15:00までに振込依頼を終わらせなければ物理的に不可能になります。

 

プロミスの場合は平日14:00までにWEB契約完了が必要になります。その後はプロミスの会員サイトにログインすれば、14:50までの振込手続き完了で即日振込が可能です。ですので早目の審査が即日振込を可能にします。

 

融資希望額が50万円を超えるようなら、若しくは貸金業者からの借入合計と希望額を足した金額が100万円を超えるようなら、必要書類が増える事になりますので注意が必要です。この場合プロミスでは、

 

 

  • 源泉徴収票(もちろん最新のもの)
  • 確定申告書(もちろん最新のもの)
  • 税額通知書・所得証明書
  • 給与明細書

を用意する必要があります。給与明細書は直近1年間に賞与がない方は直近2か月分、直近1年間に賞与がある方は直近2か月+1年分の賞与明細書が必要です。

 

自動契約機で申込む場合は、申し込みの来店契約時ににチェックする形になりますがどちらにしても審査の申し込みが必要です。申し込み時の携帯番号は必須ではありませんが、審査に問題があるときや審査結果の報告などを携帯で聞きたいときは入力しておくといいですよ。

 

僕の場合は会社経営者(審査的には不利)でしたので電話が掛かってきました。しかし、別に与信に問題はないはずなので質問事項に答えれば審査に通りました。電話が掛かってこなくても審査が完了していますというメールが来てフリーダイヤルに電話して審査結果を聞く形になります。審査が終われば後は本人証明書の送付と在籍確認ですべて完了です。本人確認は、

 

 

  • 運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証またはパスポートをご用意ください)
  • ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。
  • ※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
  • ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

の書類が必要です。プロミス 在籍確認は申込みが職場でしているのであればプロミスの電話担当者の個人名で職場に電話が掛かってきます。プロミスですとは職場の人に電話では言わないので職場の人にプロミスからの電話とは分かりませんので安心してください。

 

申込みが仕事が休みで自宅からの場合は職場にプロミスの電話担当者の個人名で在籍確認がされてお休みだということが確認できればOKです。この場合ももちろん職場の人に電話ではプロミスですとは言わないので職場の人にプロミスからの電話とは分かりません。

 

以上までをプロミスでは平日14:00までにWEB契約完了させればWEB上から振込依頼ができるのですが、申込み当日だとカード番号がメールで送られてこないのでフリーダイヤルに電話する必要があります。
(審査結果確認の際に即日振込希望の旨を伝えておくと対応してくれる)

 

ですのでフリーダイヤルに電話する時間の余裕を持って14:30くらいにはすべてを完了しておきたいですね。ですから審査の申込みが早ければ早いほどプロミスでの即日融資が可能です。これが僕の即日融資を受けれた手順でした。

プロミスはすぐ借りれるのか考える前に総量規制の関係について考えてみましょう

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスをはじめとする消費者金融業者でお金を借りる場合、

 

 

必ず関係してくるのが総量規制です。


これは既にご存知の人もたくさんいるかもしれませんが、消費者金融でお金を借りる場合に融資を受けることができる金額の上限を定めたもので、

 

 

その法律では年収の3分の1までと規定されていますが、実際は貸金業法は業者への規制のため、貸金業者が消費者に対して貸せる限度を規制しています。


プロミスで融資を受ける場合、確かにフリーキャッシングでは総量規制の影響を受けますので、既に年収の3分の1の金額の融資を受けていればプロミスのフリーキャッシングでお金を借りることはできません。

 

 

ただし、この総量規制には除外と例外というものがあります。


総量規制の除外となるのが、不動産の建設や購入などを目的とした借入や自動車ローン、家族の医療費や手形割引などです。つまり、住宅ローンなどで銀行から借入を受けている場合にはその金額が年収の3分の1を超えていてもそれは総量規制の対象とはならずプロミスでお金を借りることができるというわけです。

 

また、総量規制の例外となる貸付としては現在借入を受けているローンの借り換え契約や、個人事業主に対する融資などがありますので、こうした融資であればプロミスであっても総量規制の制約を受けずにお金を借りることが可能です。ただし、

 

 

借り換えの場合は総量規制の例外が適用された商品である『貸金業法に基づくおまとめローン』、自営業者の場合は『自営者カードローン』に申込まなければ総量規制の例外とはなりません。


たとえばプロミスの場合商品として取り扱っているのはフリーキャッシングだけではなく、借り換えローンや事業者向けプランなども用意されていますので、こうした融資商品であれば、プロミスからお金を借りる場合でも総量規制の例外対象として利用することができる可能性があります。

 

総量規制という法律の規定は、銀行からお金を借りる場合にはその制約を受けないという認識の人は多いと思いますが、あくまでも法律が規制しているのは業者ごとの区別というわけではなく、融資を行っている商品によって区別されているということになります。

 

従って、フリーキャッシングなら総量規制の制約を受けるプロミスでも商品によっては総量規制対象外となる融資が受けられる可能性は十分あるといえます。

プロミスでお金を借りる場面について考えてみる

実際にプロミスを利用する場合のシーンについて考えてみましょう。プロミスと言えば、その最大の特徴といえるのがスピーディーな審査ではないでしょうか。最短で申し込んだその日のうちにお金を借りることができますので、プロミスを利用する基本的なシーンとしては、

 

 

やはり「急な出費」ということになります。


たとえば最も多いパターンとしては知人や家族に不幸があった時ではないでしょうか。特に遠隔地に住んでいる人に不幸があった場合には、葬儀の行われる場所まで行くための交通費も必要となります。

 

香典なども含めるとある程度まとまった費用を用意しなければならないうえに、しかもできるだけ早くこうしたお金が必要なわけですから、そこでプロミスの出番というわけですが、学生が借りるには20歳以上ということ安定収入が必要ということになります。

 

プロミスは即日融資が可能なうえ、最大で500万円までお金を借りることができますので、少しでも早くまとまったお金が必要というケースにも対応可能な最適な消費者金融業者といえます。突然お金が必要になった人にこそ、プロミスは強い味方であるといえるでしょう。プロミスの持つ特徴は決してそれだけではありません。

 

もうひとつのプロミスの特徴は、消費者金融業者の中でも屈指の低金利にあります。プロミスでお金を借りる場合というのは急な出費だけではなく、その後の生活費の補填という目的も多いパターンとなっています。冠婚葬祭の費用についてはなんとか手持ちの現金で対処できたとしても、その後の食費などが不足してしまうといった可能性は十分にあります。

 

 

しかも急な出費のためお金が入ってくるまでに時間がかかる。


そこでプロミスでお金を借りて、その不足した分を補うという利用法はどうでしょう。プロミスでは即日融資可能なスピード融資に加え、低金利で利用できますのでその後の返済についても無理なく行うことが可能となっています。必要な分だけをプロミスで借りて、お金が入ってくればその分で返済を行うというのが最も理想的なプロミスの利用法といえるかもしれませんね。

数日後に届くプロミスカードでプロミス店舗・ATM、提携ATMでの借入れが可能に

 

数日後(確か2,3日だったと思います)に届くプロミスカードで全国のプロミス店舗・ATM、提携金融機関ATMでの借入れが可能になりますので利便性が増します。僕の場合歩いて2分くらいのところに丁度プロミスのATMがあるので超便利です^^

 

上の画像のようにプロミスからの郵便物とは分からないようになっていますので家族に内緒でプロミスカードを発行した方も安心です^^

プロミスは便利だった

1度プロミスを利用したことがあります。色々とキャッシングを利用してきた中では、利用しやすい会社だと思いました。とにかく借りやすいことと、ちょっとした差ではあるのですが金利が低いことが嬉しいですね。

 

ATMを利用すればどこからでも借りられますし、返済も簡単に行えます。そして金利が他の会社よりも0.2%低く設定されています。この差は結構大きいので、非常に助かっています。なかなかキャッシングに差はできないと言われている中で、プロミスはそれなりに差を付けていると思います。

 

他社に比べると使いやすいと思える部分が多いです。今後も使えるようであれば、プロミスのキャッシングを利用したいなと思っています。お金を借りなければならない状況は避けなければなりませんが、お世話になるならプロミスが一番です。今後とも良い付き合いができれば、それだけでいいかもしれませんね。

 

プロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくんプロミスすぐ借りれるプロミスすぐ借りれる ヤバいプロミスすぐ借りれる店舗プロミスすぐ借りれる100万プロミスすぐ借りれる電話プロミスすぐ借りれる むじんくんプロミスすぐ借りれる 返済額 少ないプロミスすぐ借りれる日曜日むじんくん

プロミスのポイントサービス

プロミスのポイントサービスってなに?

初回30日無利息サービスを受ける事の出来る条件としてプロミスではポイントサービスの申込みがありますが、そのポイントサービスをちょっと説明したいと思います。

 

ポイントサービスはプロミスの利用に付きポイントが貯まり、そのポイントを使って様々な特典を利用できるサービスです。

 

メールを読んだり会員サービスにログインしたりするだけでもポイントが貯まるので知っておくと便利です。

 

ポイント獲得の詳細は以下の通りです。

 

 

どのような特典があるかと言うと、

提携ATM利用手数料が一定期間無料になる

申込日から翌月末まで提携ATM利用手数料が無料になるサービス。最大2ヶ月近くも無料になるんですね。利用ポイントは40ポイント

 

 

無利息サービス

一定期間無利息になるサービス。初回の30日の無利息だけじゃなかったんですね。

 

必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間
無利息の適用開始 以下のお取引を行った翌日から、お申込みいただいた無利息期間が適用されます。

・お利息以上のご返済時
・ご完済時は再度のご出金時

 

以上の特典がある訳なのですがいいこと尽くめなのになんで最初からポイントサービスを付けてないの?って思います。

 

ポイントサービスの申込みも超簡単。会員サービスにログイン

 

 

ポイントサービスの申込みに進み規約に同意するだけ。

 

 

会員サービスにログインするにはカード番号がいるので即日融資を希望する方は審査結果報告の際にオペレーターに即日融資の旨を伝えれば大丈夫ですよ。

 

↓↓↓プロミスの最短即日の審査を受けて申込む↓↓↓

武富士破綻後の消費者金融

相次ぐ法改正にキャッシング・クレジット業界に激震

団地金融から業界最大手にのし上がった武富士は、一時期トヨタの収益を抜き日本一の会社になったこともありました。

 

しかし、過払い金請求の嵐により経営悪化、破綻の道を辿ることになりました。

 

これをきっかけに消費者金融業界のの経営も悪化(過払い金請求による)していき業界再編へのプロローグとなる。

 

そもそも過払い金請求が発生しだしたのが2006年の司法による『グレーゾーン金利』の違法判断から。

 

当時の上限金利29.2%を利息制限法の15%〜20%に再計算し、差額を利用者に返金するというのが過払い金請求である。

 

この過払い金請求の準備金を貸倒引当金に計上したため個人相手のキャッシング・クレジットサービスを提供してきた信販会社・消費者金融・クレジットカード各社の経営状況は急激に悪化。

 

上限金利引き下げ、年収の1/3までしか借りられないという総量規制と追い討ちを掛けられ、キャッシング・クレジットは利ざやの薄い商売となってしまいました。

 

国は消費者を守りすぎではないのか?

そうは言ってもキャッシング・クレジット共に金利を定めて契約している訳だから借りる方にも問題があるのではないか?

 

無計画な返済予定のショッピングやギャンブル等の用途で借りて債務超過になるような人は問題外ですし、事業資金として借りた方もやはりその事業計画に問題があったということですので、実際の問題は借りた側にあると編集部では考えています。

 

事業をするということ自体もともと博打のようなもの。

 

しっかり時代の流れや先の事を見越して内部留保するなど綿密に計画し、リスクヘッジしておかなければ事業を続ける事など出来ないのです。

 

事業が悪化し、運転資金をやむなく借りた方で債務超過に陥ってしまった方も、景気のいいときには羽振りよく豪遊し散財していた方が大半だったりします。

 

景気のいいあの頃をもう一度・・・と夢見て運転資金を借り再起を狙っても綿密な事業計画のない事業ではそれも叶いません。

 

これはギャンブルで一財産築いた人間が散財・破綻しもう一勝負と借金するのに近いものがあります。

 

事業でもギャンブルでも『人よりいい生活』を夢見て勝負するわけですから勝負の結果は自己責任ではないでしょうか?

プロミスは初回30日無利息サービスもある!

プロミスは初回30日無利息期間が付いています
(※ 要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)

 

お金を借りる理由って色々あると思いますがお金が要るときに限って時間制限付なんですよね。(例えば明日の午前中とか)

 

僕がプロミスでお金を借りた理由は後で話すとして、即日融資も受けることができたプロセスもメリットもお話しますね。このカードに僕は何度も助けられました^^

 

その助けられたときも初回30日無利息(※要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)を利用したので実質金利なしで借りられたのでとてもお得です^^

編集後記

僕のプロミス即日融資体験談はどうでしたか?申込みはこちらのプロミス紹介サイトから申し込みました。消費者金融系カードローンの中でも金利は低く初回30日無利息サービスもあるので非常に有利です。

 

プロミスは消費者金融なので希望金額は年収の1/3までになります。これが銀行のカードローンだと総量規制の対象外なので希望額の制限はありませんが銀行のカードローンの保証会社により判断が下されます。プロミスに関してよく調べて情報をお届けしておりますが、実際の借入に関しましては自己責任でお願いいたします。情報等は最新の情報を掲載しておりますが、もう一度公式サイトでご確認ください。

プロミスですぐ借りた体験談